中国蘭州ラーメンの名店
「馬子禄(マーズルー)」が
ついに日本初上陸!

店舗情報

住所
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-3-18
※住所からマップ検索すると別の場所が表示されてしまう為、当サイト内のGoogleマップから場所をご確認ください。
神保町駅からのルート
A7出口から右に出て、はなまるうどんを右側に見て靖国通りを小川町方面に直進。
書泉グランデと三省堂書店の並び、徒歩3分です。
営業時間
【昼の部】11:00〜14:30(L.O.)
【夜の部】17:00〜20:30(L.O.)
11/2(木)より営業時間の変更
※水曜定休
※申し訳ございませんが、スープが無くなり次第、終了となります。
電話番号
03-6811-7992
採用情報
馬子禄では一緒に働く仲間を募集しています。 →詳しくはこちら

100年以上の歴史と伝統
老舗蘭州ラーメン店『馬子禄(マーズルー)』とは?

数ある蘭州ラーメン店の中で唯一
中国政府から「中華老字号」に認定

中国政府から中華老舗ブランドとして認定され、本物の老舗だけが持っている称号「中華老字号(ジョンファ・ラオズハオ)」。
シルクロードの蘭州市で100年以上も蘭州牛肉麺を提供している『馬子禄(マーズルー)』は、数ある蘭州ラーメン店の中から唯一、「中華老字号」に認定されています。

人気グルメドキュメンタリー
「舌尖上的中国(舌の上で味わう中国)」にでる

CCTVが製作するグルメドキュメンタリー『舌尖上的中国(舌の上で味わう中国)』に、「馬子禄」が出ました。
この番組は、中国各地の豊かな食の伝統と、広い範囲にわたる地域の多様性を詳しく紹介していて、とても人気を博している番組です。

“ラーメンの聖地”蘭州で一番有名
その味は「特級」レベル

牛肉ラーメンの発祥の地として、「馬子禄牛肉面」は蘭州でとても有名な店で、百年歴史を持ち、数軒のチェーン店があります。蘭州牛肉ラーメンを食べさせる店には、ランクがあり一級や二級といったプレートが店内に飾られている。馬子禄牛肉面は、「特級」とされている。

蘭州ラーメンの特徴

01

新ジャンルのスープ

牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと、
一緒に長時間煮込んで作ったスープ。
牛の凝縮された旨味と薬膳スパイスの香りが食欲をそそります。

02

職人の手打ち麺

職人が小麦粉の生地を手で延ばして手打ちする麺。
注文が入ってから手打ちするため、
細麺、平麺、三角麺など好みの太さの麺が選べます。

03

味を引き立たせるトッピング

牛肉、大根、手作りラー油に
パクチーと葉ニンニクを散らして、ラーメンを彩ります。
一口食べると、何ともいえない幸せな感じが口に広がります。

馬子禄メニュー

蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)
880円(税込)

【トッピング】牛肉大盛
200円(税込)

【トッピング】パクチー大盛
120円(税込)

麺の太さをお選びいただけます。

・細麺←★初めての方にオススメ
・平麺
・三角麺
※パクチー抜き・ラー油抜きをご希望の場合は、お申し付けください。

店長紹介

蘭州ラーメンに魅せられ
中国蘭州「馬子禄」本店で本場修行

日本店の店長は、大学時代を北京で過ごし、現地で食べた蘭州ラーメンの虜に。帰国後、日本で蘭州ラーメンが食べたくても、蘭州ラーメン屋がないので、開業しようと一念発起。当初、自分で試行錯誤を重ねていましたが、複雑な薬膳スパイスの組み合わせや手打ち麺の技術を習得できず、本場の蘭州に行って、修行できる蘭州ラーメン店を探すことを決意。

現地で何十軒も蘭州ラーメンを食べ歩き、一番美味しかったのが『馬子禄(マーズルー)』。修行させてもらえるようにお願いするも、最初は相手にしてもらえず。それでも何度も現地に足を運んだ結果、本気さと熱意が伝わり、ようやく修行が許可されました。麺打ちからスープ作り、ラー油作りを徹底的に教え込まれ、日本店開業に至りました。

店長 清野 烈

最近の投稿

お問い合わせ